Amway Nature Center(アムウェイ・ネーチャーセンター)では、環境基金と自然保護への助成を行っています。

アムウェイ・ネーチャーセンター
アムウェイ・ネーチャーセンター ホーム アムウェイ・クリーンアップ 自然保護への助成 その他の活動
アムウェイ・ネーチャーセンター環境基金と自然保護への助成保全型給餌池の適切な利用にかかる桟橋の代替施設の設置
自然保護への助成
地図から選択
年度から選択
全活動一覧
保全型給餌池の適切な利用にかかる桟橋の代替施設の設置



 
 
 
 



伊豆沼・内沼の北岸にある宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターの前には保全型給餌池が設置され、それは主池、副池、浄化田の3つの池によって構成されています。この保全型給餌池は、給餌による水質汚濁を少しでも軽減するために考案され、軽減の方法として植物を利用するという画期的なもので、1990年のアムウェイ・ネーチャーセンター環境基金の助成によって設置されました。しかし、設置から10年以上が経過し、主池にある木製の給餌桟橋が老朽化しつつあります。そのため、事故がないよう、かつ適切に保全型給餌池を活用するために、破損の著しい給餌桟橋の代替施設の設置と周辺の棚を補修します。

戻る
アムウェイネーチャーセンターとは サイトマップ
ページの先頭へ