Amway Nature Center(アムウェイ・ネーチャーセンター)では、環境基金と自然保護への助成を行っています。

アムウェイ・ネーチャーセンター
アムウェイ・ネーチャーセンター ホーム アムウェイ・クリーンアップ 自然保護への助成 その他の活動
アムウェイ・ネーチャーセンター環境基金と自然保護への助成釧路湿原自然ガイドシステム作り
自然保護への助成
地図から選択
年度から選択
全活動一覧
釧路湿原自然ガイドシステム作り



 
 
 
 



釧路湿原は、日本の湿地の60%を占め、特別天然記念物タンチョウをはじめ2000種の動植物が生息しています。鳥獣保護区やラムサール条約の登録地にも指定され、1993年にはアジアで始めてラムサール条約締約国会議が開催されました。第3回(1992)の助成により湿原内に案内板や手作りの木道も完成。『釧路湿原の鳥77』などのガイドブックシリーズや釧路湿原の四季を紹介するビデオが作成されました。第4回(1993)の助成ではシマフクロウなどの釧路に生息する貴重な野生生物を事故から防止するためのマニュアル作りや救護ネットワーク作りを行いました。

戻る
アムウェイネーチャーセンターとは サイトマップ
ページの先頭へ